ニュース

カテゴリ:日本山岳遺産ニュース

2019.03.07

日本山岳遺産ニュース

85名が参加!「第9回 日本山岳遺産サミット」を開催しました

2019年2月23日(土)、東京・神保町のインプレスグループセミナールームで「第9回 日本山岳遺産サミット」を開催しました。当日は85名の参加者で会場は満席となりました。 2018年度日本山岳遺産認定地として、黒岳(北海道)、トムラウシ山(北海道)、飯豊山(山形県・新潟県・福島県)、岩山(栃木県)が

2018.12.13

日本山岳遺産ニュース

特別講演は「地球温暖化と山岳環境」をテーマに。第9回 日本山岳遺産サミットを2月23日(土)に開催

北海道大学 地球環境科学研究院 工藤岳先生 日本山岳遺産基金では、未来に残したい日本の豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有する山岳地域を「日本山岳遺産」として認定し、環境保全活動や次世代育成活動を続けている団体に対して助成を行っています。 2月23日(土)に開催する「日本山岳遺産サミット」では、当

2018.11.28

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国4カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2018年度の「日本山岳遺産認定地」4カ所を決定しました。 本年度は12の団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、一般社団法人大雪山・山守隊(北海道・黒岳[大雪山])、新得山岳会(北海道・トムラウシ山)、特定非営利活動法人飯豊朝日を愛する会(山形県・飯豊山)、機

2018.05.17

日本山岳遺産ニュース

2018年度の「日本山岳遺産」候補地・助成団体の申請を受付中

日本山岳遺産基金では、次世代に伝えたい「豊かな自然環境」や「人と自然の関わり」があり、それらを守り、活用するような地元の活動が盛んな山や山岳エリアを、「日本山岳遺産」として認定し、その地域で山岳環境保全・安全登山啓発などの活動を行う団体に一定額を助成しています。 設立から8年間で、全国26箇所の山岳

2018.03.20

日本山岳遺産ニュース

70名が参加!「第8回 日本山岳遺産サミット」を開催しました

2018年2月25日(日)、東京・神保町のインプレスグループセミナールームで「第8回日本山岳遺産サミット」を開催しました。 2017年度日本山岳遺産認定地として、秋田県・二ツ森、岩手県・岩手山、山梨県・三ツ峠、長野県・入笠山、長野県・霧ヶ峰、鳥取県・伯耆大山の6地域と、その地域に根ざして活動する「秋

2017.11.02

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国6カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2017年度の「日本山岳遺産認定地」6カ所を決定しました。 本年度については8つの団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、事務局で検討した結果、三ツ峠ネットワーク(山梨県・三ツ峠)、岩手山地区パークボランティア連絡協議会(岩手県・岩手山)、入笠ボランティア協会(

2017.03.03

日本山岳遺産ニュース

75名が参加!「第7回 日本山岳遺産サミット」を開催しました

2017年2月25日(土)、東京・神保町のインプレスグループセミナールームで「第7回日本山岳遺産サミット」を開催しました。当日は75人の参加者で会場は満席となりました。 2016年度日本山岳遺産認定地として、北海道・美瑛富士、福岡県・嘉穂アルプスが紹介され、認定団体の「山のトイレを考える会」と「嘉穂

2016.10.28

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として美瑛富士と嘉穂アルプスの2カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2016年度の「日本山岳遺産認定地」2カ所を決定しました。 本年度については昨年同様7つの団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、事務局で検討した結果、美瑛富士と嘉穂アルプスの2カ所を本年度の「日本山岳遺産」として認定しました。 各認定団体には、事務局と調整のう

2016.03.15

日本山岳遺産ニュース

第6回 日本山岳遺産サミットを開催しました

日本山岳遺産基金では「第6回 日本山岳遺産サミット」を2016年2月27日(土)にインプレスグループセミナールームにて開催しました。 当基金を代表して、事務局長の久保田より基金の活動を説明しました。本年度の日本山岳遺産認定地、南木曽岳、三嶺の2箇所を発表し、またその地域で活動を行っている南木曽山士会

2015.11.26

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として2カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2015年度の「日本山岳遺産認定地」2カ所を決定しました。 本年度は7団体からの申請がありました。アドバイザリーボードの助言のもと、事務局で検討した結果、以下の2箇所を本年度の「日本山岳遺産」として認定することになりました。 各認定団体には、事務局と調整のうえ、本年度中に助成金

次の10件

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.