飯豊山 [ 山形県・新潟県・福島県 ]

特定非営利活動法人 飯豊朝日を愛する会  

認定年:2018年
助成金:500,000円(予定)
助成内容:飯豊連峰梶川尾根における植生復元

 

飯豊山(2105m)を擁する飯豊連峰は、大日岳(2128m)、御西岳(2013m)などが十数キロに渡って連なっています。磐梯朝日国立公園内に位置しており、主稜線は特別保護地区に指定されるとともに、森林生態系保全地域とされています。日本海からわずか50kmしか離れていないこともあるため、有数の豪雪地帯となっています。飯豊山の開山は白雉3(652)年とされ、古くから山岳信仰の山としても知られています。

特定非営利活動法人 飯豊朝日を愛する会は、2007年の設立以来、山形県小国町に事務所を置き、飯豊・朝日連峰において、安全登山の推進(避難小屋や山小屋の維持管理)、植生の復元(裸地化した登山道の被覆や植生調査)、遭難対策活動(登山技術講習会)などを行ってきました。

認定にあたっては、過去10年間の山岳環境保全活動などを評価しました。一般登山者から ボランティアを募って保全作業をすることは、山岳環境保全の意識醸成に効果が大きいと考えます。登山道保全による高山草原の復元は必然性が高く、助成対象としてふさわしいと判断しました。

 

 

関連ニュース

2018.11.28

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国4カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2018年度の「日本山岳遺産認定地」4カ所を決定しました。 本年度は12の団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、一般社団法人大雪山・山守隊(北海道・黒岳[大雪山])、新得山岳会(北海道・トムラウシ山)、特定非営利活動法人飯豊朝日を愛する会(山形県・飯豊山)、機

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.