三ツ峠 [ 山梨県 ]

三ツ峠ネットワーク  

認定年:2017年
助成金:700,000円
助成内容:自生植物の維持と植生回復作業

 

開運山・御巣鷹山・木無山の3山の総称が三ツ峠(山)です。奈良時代から霊山とされ、江戸末期に修験場として開山されました。富士山や南アルプス、八ヶ岳などの好展望地として知られており、多くの登山者が訪れます。環境省レッドリストの絶滅危惧II類に指定される希少植物・アツモリソウの自生地としても有名です。

三ツ峠の自然環境を守り適正な利用を進めることを目的に、「三ツ峠ネットワーク」は三ツ峠山荘の主人らを中心に2010年に設立。三ツ峠を愛する人々の相互交流を図りながら、主にアツモリソウの監視・保護活動を続けています。

助成金はアツモリソウ自生地の植生維持と回復のための保全活動のために活用し、深刻なニホンジカによる食害に対する防鹿柵も設置しました。

 

 

関連ニュース

2017.11.02

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国6カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2017年度の「日本山岳遺産認定地」6カ所を決定しました。 本年度については8つの団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、事務局で検討した結果、三ツ峠ネットワーク(山梨県・三ツ峠)、岩手山地区パークボランティア連絡協議会(岩手県・岩手山)、入笠ボランティア協会(

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.