入笠山 [ 長野県 ]

入笠ボランティア協会  

認定年:2017年
助成金:200,000円
助成内容:外来種の駆除作業と山岳環境保全

 

南アルプス北端に位置し、手軽に登山が楽しめます。周辺には入笠湿原や大阿原湿原などが広がり、山頂は360度の大パノラマで八ヶ岳や富士山などを展望できます。また、「花の宝庫」とも呼ばれ、初夏から秋までさまざまな山野草が楽しめるのも魅力です。

入笠ボランティア協会は、2003年より、入笠山・入笠湿原での生態系保全活動を続けてきました。活動には地元のスポーツ少年団や子ども会も参加するなど、地域との強いつながりをもっています。

認定にあたっては、活動が長期間継続されている点、地域の子どもたちも巻き込み、次世代への環境教育も含めた活動である点を評価しました。

 

 

関連ニュース

2017.11.02

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国6カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2017年度の「日本山岳遺産認定地」6カ所を決定しました。 本年度については8つの団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、事務局で検討した結果、三ツ峠ネットワーク(山梨県・三ツ峠)、岩手山地区パークボランティア連絡協議会(岩手県・岩手山)、入笠ボランティア協会(

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.