大雪山 黒岳 [ 北海道 ]

一般社団法人 大雪山・山守隊  

認定年:2018年
助成金:900,000円(予定)
助成内容:登山道整備活動

 

大雪山国立公園は2268平方キロメートルに及ぶ日本最大の国立公園。その北東に位置する黒岳(1984m)は、火山性の大雪山のなかでも珍しく頂上付近まで緑が濃く、豊かな自然を有しています。起点となる層雲峡からはロープウェイがあり、七号目まで手軽に登ることができるので入山者も多い山です。山頂からは凌雲岳(2125m)、北鎮岳(2244m)、北海岳(2149m)など大雪山系の山々が見渡せます。

2011年、有志によるプロジェクトとして「大雪山・山守隊」の活動が始まり、2018年3月、任意団体から一般社団法人に改組しました。登山等整備活動「たまには山に恩返し」を定期的に行っています。整備にあたっては、浸食の進んだ荒廃登山道とその周辺の生態系に対し、できるだけ警官を代えないよう配慮した「近自然工法」を実践しています。

 

 

関連ニュース

2018.11.28

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国4カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2018年度の「日本山岳遺産認定地」4カ所を決定しました。 本年度は12の団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、一般社団法人大雪山・山守隊(北海道・黒岳[大雪山])、新得山岳会(北海道・トムラウシ山)、特定非営利活動法人飯豊朝日を愛する会(山形県・飯豊山)、機

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.