二ツ森 [ 秋田県 ]

秋田白神コミュニケーションセンター  

認定年:2017年
助成金:600,000円
助成内容:外来種駆除と安全登山講習による環境保全啓蒙活動

 

秋田・青森県境に位置する白神山地の主要峰のひとつです。世界遺産登録のきっかけになった「青秋林道」の秋田県側終点に登山口があり、登山道からは世界遺産の核心地域が眼下に広がります。ブナ林~ダケカンバ~森林限界へといたる植生変化が観察でき、周辺で暮らす動植物・昆虫の存在も季節ごとに感じられます。秋田白神コミュニケーションセンターは、2013年より白神山地での環境保全活動や啓発活動を続けるとともに、観光振興との両立も図り、地域振興に寄与しています。

助成金は児童・生徒向けの環境保全啓発活動などに活かす予定で、次世代への環境教育への取り組みも評価できます。

 

 

関連ニュース

2017.11.02

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国6カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2017年度の「日本山岳遺産認定地」6カ所を決定しました。 本年度については8つの団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、事務局で検討した結果、三ツ峠ネットワーク(山梨県・三ツ峠)、岩手山地区パークボランティア連絡協議会(岩手県・岩手山)、入笠ボランティア協会(

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.