トムラウシ山 [ 北海道 ]

新得山岳会  

認定年:2018年
助成金:500,000円(予定)
助成内容:山岳環境保全

 

大雪山国立公園のほぼ中央に立つ標高2141mの山。「大雪の奥座敷」とも呼ばれ、日本百名山に選定されています。独立峰のような風格がただよう雄大な山容をもちます。トムラウシはアイヌ語で「花の多いところ」を意味し、頂上付近には、高山植物のお花畑や湖沼などの大自然が残されており、訪れる登山者を楽しませています。

新得山岳会は、1951年に結成、2011年に60周年を迎えた山岳会。現在、会員数は50名。定期的に登山を楽しみながら、佐幌岳山頂にある佐幌岳避難小屋、トムラウシ山南沼野営指定地の携帯トイレブースを管理しています。野営指定地外に広がるトイレ道の巡回・清掃や植生復元活動、携帯トイレ利用状況調査などを行っています。

 

 

関連ニュース

2018.11.28

日本山岳遺産ニュース

本年度の日本山岳遺産認定地として全国4カ所を認定

日本山岳遺産基金では、2018年度の「日本山岳遺産認定地」4カ所を決定しました。 本年度は12の団体からの申請があり、アドバイザリーボードの助言のもと、一般社団法人大雪山・山守隊(北海道・黒岳[大雪山])、新得山岳会(北海道・トムラウシ山)、特定非営利活動法人飯豊朝日を愛する会(山形県・飯豊山)、機

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.