鹿沼市 岩山 [ 栃木県 ]

機動パトロール隊  

認定年:2018年
助成金:360,000円
助成内容:安全登山啓発

 

鹿沼市街地の西側に位置し、市民のハイキングコースとしてよく知られる低山(328m・一番岩)。 豊富な自然環境が保たれ、イノシシやシカなどが生息しています。古くから岩登りの初心者向けの練習場や安全登山講習に利用されてきました。岩質が凝灰岩のため降雨後などは滑りやすく、コース中には鎖やハシゴを利用する場所があり、毎年平均2~3件の滑落事故や遭難事故が発生しています。

2008年設立。鹿沼市を中心に登山事故防止や安全啓発活動を行っています。主な活動として、自治体と連携した山間部でのレスキュー活動、定期巡回による事故防止活動、地域の小中学生に向けた自然体験学習などを実施。その結果、2013年には栃木県知事から感謝状、2016年には鹿沼警察署長より感謝状を授与されました。

実際に事故が多発しているエリアなので、早急な対策が求められます。登山届提出箱の設置や安全登山啓発ガイドブックの作成などは、安全登山啓発活動に対する具体性があり、小中学生を対象とした安全登山講習は、次世代登山者の育成にもつながる点を評価しました。

 

 

[2019年度活動報告]

岩場が連続する岩山の安全を守るために、毎月第2・4土曜日に小中学生およびその保護者に対して、ロープワーク等の安全啓発を目的とした登山講習会を計24回、102名に対して行ないました。地域のイベントにて安全登山啓発の広報活動にも取り組み、ブースにてチラシ配布・ロープワーク実習・登山の相談応対を行ないました。

また、劣化していた登山ポスト2カ所を修繕しました。その結果、登山ポストの提出者数が増加しました。

2019年度、鹿沼市は令和元年東日本台風の被害を受けました。倒木や地滑り等により危険箇所が増えたため新登山道の開拓・ペンキやリボンによる道標・チェックポイント(位置座標と番号の看板)設置・エスケープルート3カ所の再整備を行ないました。

 

関連ニュース

 

Copyright © 2002-2018 Yama-kei Publishers co.,Ltd. All rights reserved.