日本山岳遺産ニュース

装備支援した宮城県の高校生からレポートが届きました

 日本山岳遺産基金では、当ウェブサイト、『山と溪谷』誌面や、山と溪谷社のメールマガジン等で、宮城県内の被災した高校生への登山装備支援を呼びかけたところ、個人様・企業様からたくさんのご支援をいただきました。ありがとうございました。

 この装備を、7月初旬に高校生にお届けしたところ、早速支援装備を使用し、宮城県高校体育連盟登山専門部による「新入部員基礎技術講習会」に参加したようです。

 宮城県石巻高等学校の生徒さんから、初めての合宿活動の感想と支援に対する感謝のコメントを預かりましたので、ご紹介します。

 詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

 装備支援をした、多賀城高等学校、石巻高等学校の部活動の報告を、今後も不定期にお届けする予定です。

 

宮城県石巻高等学校からのレポート ※PDF

 

2011年7月27日
日本山岳遺産基金事務局