日本山岳遺産ニュース

マナー&クリーンアップキャンペーン2014 北ア・白馬山麓と南ア・北沢峠で開催

 毎年恒例となったマナー&クリーンアップキャンペーン。2014年は、北アルプス・白馬エリアの猿倉と栂池で7月26日(土)、27日(日)、南アルプス・北沢峠で8月2日(土)、3日(日)にそれぞれ開催し、山でのトラブル対処法をコンパクトにまとめたピンチカードや、特製ゴミ袋を配付して、登山マナー啓発と環境保護を呼びかけました。

 白馬会場では、あいにく2日目の午前中かなりの降雨に見舞われ、雨具に身を固めた登山者の多くが下山を急いでいました。キャンペーン参加は難しい状況でしたが、それでも、2日間で猿倉会場約500人、栂池会場約700人が参加。マナー啓発アンケートに協力していただきました。

 一方、北沢峠では、南アルプス国立公園制定50周年イベントの一環として行われたこともあり、時おり雨に降られながらも、参加者は2日間で約900人と盛況でした。共催した伊那市では、市の職員が昨年に引き続き携帯トイレを入山者に配布して、南アルプスの自然環境保全を呼びかけました。

 参加者へは記念品のひとつとしてサントリー オールフリーを配布。暑さのなか喉を潤す姿が見られました。




猿倉会場では登山者カードの提出も呼び掛けました


『山と溪谷』編集長の吉野も登山者のみなさまにマナーを呼びかけました


栂池高原では家族で参加される方もいらっしゃいました


南ア・北沢峠では、伊那市との共催で携帯トイレも配布


北沢峠でのひとコマ。参加記念品のサントリー オールフリーで乾杯!


『山と溪谷』2014年8月号「日本山岳遺産キャンペーン」協賛社(順不同)

サントリー酒類株式会社、アルピコ交通株式会社、涸沢ヒュッテ、大日本印刷株式会社、立山室堂山荘、雷鳥荘、剣山荘、(株)白馬館、白馬村観光局、冷池山荘、唐松岳頂上山荘、双六小屋、槍ヶ岳山荘、白根御池小屋、伊那市観光協会、雲取山荘、蛭ヶ岳山荘、日本製紙株式会社、中越パルプ工業株式会社、丸住製紙株式会社