日本山岳遺産ニュース

日本の山の未来を考える――第5回 日本山岳遺産サミットを2月28日(土)に開催

▲基調講演の小泉武栄氏

 日本山岳遺産基金では、未来に残したい日本の豊かな自然環境や、人と自然の関わりを有する山岳地域を「日本山岳遺産」として認定し、環境保全活動や次世代育成活動を行っている団体に対して助成を行っています。
 日本山岳遺産サミットでは、基金の一年間の活動をご報告するとともに、2014年度の日本山岳遺産認定地および認定団体を発表し、助成内容をご紹介します。
 また、基金の活動5年目となる本年は、自然地理学が専門の小泉武栄先生をお迎えして基調講演を行い、過去の認定地および山岳関係者によるディスカッションを予定しています。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

■開催概要

日時 2015年2月28日(土) 13:30~17:00(開場13:00)
会場 インプレスグループ セミナールーム
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング(23階) 地下鉄神保町駅下車徒歩3分
内容 第5回 日本山岳遺産サミット
第1部 2014年度 認定地・認定団体 発表
    吾妻山(吾妻山自然倶楽部)
    鍬ノ峰(長野県大町高等学校山岳部)
    徳本峠(古道徳本峠道を守る人々)
第2部 基調講演「地域の自然、魅力の伝え方」
    東京学芸大学名誉教授 小泉武栄氏
第3部 これまでの認定団体・関係者によるディスカッション
    「地域の山を守り、活用するための課題とは?」
参加費 500円
 ※参加費は日本山岳遺産基金への寄付としてお預かりし、
  基金の活動に活用させていただきます
定員 80名
 ※会場の都合で事前の申し込みが必要です。
 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
参加申込方法 下記のリンク先にある登録フォームより申し込みを行ってください。
受付後はメールにて「参加票」を送付いたします。
「参加票」は当日提示いただくかプリントしてお持ちください。
申込締切 2015年2月20日(金)
※定員に達した場合、締め切り前でも受付を終了させていただきます。
主催 日本山岳遺産基金・(株)山と溪谷社
後援(予定) (公社)日本山岳協会、(公社)日本山岳会、日本勤労者山岳連盟

申し込み受付は終了しました(2月26日)


■お問い合わせ
日本山岳遺産基金 事務局 (株式会社山と溪谷社 内)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1900(代)