日本山岳遺産ニュース

北アルプスでの山岳遭難を防ごう「北アルプス安全登山アピール in 東京 2018」6月30日に開催

 2017年の北アルプスにおける山岳遭難事故は313件で、遭難者は339人と、一昨年に比べてわずかに減少しましたが、一年を通じて引き続き高い遭難件数・人数で推移しています。

 そんななか、北アルプスを取り巻く富山県、長野県、岐阜県の山岳遭難救助隊や自治体等の集まりである「北アルプス三県合同山岳遭難防止対策連絡会議」では、7月1日から8月31日までの2ヶ月間を「山岳遭難防止対策強化期間」と位置付け、各種キャンペーン等を通じて北アルプスの安全登山を呼びかけていきます。

 北アルプスでの登山者の多くが首都圏居住者であるという現状から、東京での啓発活動として、今年も「北アルプス安全登山アピール in 東京」を6月30日(土)に実施することになりました。三県の山岳遭難救助隊の精鋭が一堂に会し、山岳遭難防止のためにリアルで役に立つイベントとなります。

 山と溪谷社と日本山岳遺産基金では、このイベント企画・運営に協力します。参加希望の方は下記の概要を確認のうえ、申し込みフォームより申し込みください。



昨年の同イベントの様子

■開催概要

日時 2018年6月30日(土) 15:00-17:00
※開場は30分前から
会場 インプレスグループ セミナールーム
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング(23階)
地下鉄神保町駅下車徒歩3分
内容 2017年の北アルプスにおける遭難事例より
~長野県、富山県、岐阜県の山岳遭難救助隊員による山岳遭難事例報告
 Part1 「遭難の実態を知ろう」と題して、各県の北アルプスの遭難の事例を発表
 Part2 トークセッション「遭難救助現場から見えてくるもの」
山岳遭難救助隊に対する質疑応答
参加費 無料
定員 80名
※会場の都合で事前の申し込みが必要です。
参加申込方法 下記のリンク先にある「申し込みフォーム」より申し込みを行ってください。
申し込み受付後、自動返信にて受付番号を記入した確認メールを送付します。
当日は、受付にて、受付番号、お名前をご提示ください。
申込締切 2018年6月28日(木)
※定員に達した場合、締め切り前でも受付を終了させていただきます。
主催 北アルプス三県合同山岳遭難防止対策連絡会議
後援 株式会社山と溪谷社・日本山岳遺産基金
※定員になりましたので、受付を終了しました

■お問い合わせ
日本山岳遺産基金 事務局 (株式会社山と溪谷社 内)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1900(代)